忍者ブログ
PCメモ
PC関係のメモ、気付いたこと。 simhとChromium OSをいじって遊んでいます。 Chromium OSのカスタムビルドを配布しています。(http://chromiumosde.gozaru.jp) twitter: @zui22904336 PGP fingerprint: 45FC 0E47 A68A FA06 02FE 2BEF B72C C6E6 F9FF 1C19
Admin / Write
8/10(木)〜8/20(日)の間はChromium OS カスタムビルドに関する活動をおやすみいたします。期間中にお問い合わせをいただいても対応はできません。
2014/03/09 (Sun) 16:58
使おうとした4GBのUSBメモリが2GBずつ2つのパーティションに分かれていて、1つに戻したかったのでLinux(CentOS6.4)を使って作業しました。
その時のメモです。作業はすべてrootで行います。

  1. USBメモリをLinuxにつなぐ

     
  2. USBメモリのスペシャルファイル名を調べる。

    あらかじめUSBメモリのラベル名がわかっているなら、/dev/disk/by-labelにできたシンボリックリンクが指し示す実体を見ればわかります。

    linux# cd /dev/disk/by-label
    linux# ls -l
    lrwxrwxrwx. 1 root root 10  3\u6708  9 16:04 2014 HDDREG -> ../../sdj1

    この例ではUSBメモリにHDDREGというラベルがついていて、それの実体が/dev/sdj1であることがわかります。よってUSBメモリのスペシャルファイル名は/dev/sdjになります。
    念のため、fdisk -lを実行してパーティションの状態を確認します。
    linux# fdisk -l
    (略)
    ディスク /dev/sdj: 4001 MB, 4001366016 バイト
    ヘッド 64, セクタ 32, シリンダ 3816
    Units = シリンダ数 of 2048 * 512 = 1048576 バイト
    セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
    I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
    ディスク識別子: 0x00000000
    
    デバイス ブート      始点        終点     ブロック   Id  システム
    /dev/sdj1   *           1        1967     2014192    e  W95 FAT16 (LBA)
    

    ファイルシステムがW95 F16なのでUSBメモリと考えて問題なさそうです。これを間違えてしまうと大変なことになるので慎重に調べます。不安なら/dev/disk/by-idや/dev/disk/by-pathでls -lコマンドを実行するのも効果的です。たいてい"usb"という文字列が含まれているシンボリックリンクがあります。今回の例を示すと以下のようになります。

    linux# ls -l /dev/disk/by-id
    (略)
    lrwxrwxrwx. 1 root root  9  3\u6708  9 16:31 2014 usb-Sony_Storage_Media_9B2001102180001905-0:0 -> ../../sdj
    lrwxrwxrwx. 1 root root 10  3\u6708  9 16:31 2014 usb-Sony_Storage_Media_9B2001102180001905-0:0-part1 -> ../../sdj1
    (略)
    linux# ls -l /dev/disk/by-path
    (略)
    lrwxrwxrwx. 1 root root  9  3\u6708  9 16:31 2014 pci-0000:00:1a.0-usb-0:1.4:1.0-scsi-0:0:0:0 -> ../../sdj
    lrwxrwxrwx. 1 root root 10  3\u6708  9 16:31 2014 pci-0000:00:1a.0-usb-0:1.4:1.0-scsi-0:0:0:0-part1 -> ../../sdj1
    (略)
    
  3. 以下のコマンドでUSBの先頭にあるパーティションテーブルを消します。
    ofがHDDだと大変なことになるので上に書いたように慎重に確認しておく必要があります。

    linux# dd if=/dev/zero of=/dev/sdj bs=512 count=64
    64+0 records in
    64+0 records out
    32768 bytes (33 kB) copied, 0.013923 s, 2.4 MB/s
    

    念のためにsyncしておきます。
    linux# sync
    
  4. あとは普通にfdiskでパーティションを切ります。

    linux# fdisk /dev/sdj
    
    警告: DOS互換モードは廃止予定です。このモード (コマンド 'c') を止めることを
          強く推奨します。 and change display units to
             sectors (command 'u').
    
    コマンド (m でヘルプ): d
    選択した領域 1
    
    コマンド (m でヘルプ): p
    
    ディスク /dev/sdj: 4001 MB, 4001366016 バイト
    ヘッド 64, セクタ 32, シリンダ 3816
    Units = シリンダ数 of 2048 * 512 = 1048576 バイト
    セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
    I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
    ディスク識別子: 0x00000000
    
    デバイス ブート      始点        終点     ブロック   Id  システム
    
    コマンド (m でヘルプ): n
    コマンドアクション
       e   拡張
       p   基本パーティション (1-4)
    p
    パーティション番号 (1-4): 1
    最初 シリンダ (1-3816, 初期値 1): 
    初期値 1 を使います
    Last シリンダ, +シリンダ数 or +size{K,M,G} (1-3816, 初期値 3816): 
    初期値 3816 を使います
    
    コマンド (m でヘルプ): p
    
    ディスク /dev/sdj: 4001 MB, 4001366016 バイト
    ヘッド 64, セクタ 32, シリンダ 3816
    Units = シリンダ数 of 2048 * 512 = 1048576 バイト
    セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
    I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
    ディスク識別子: 0x00000000
    
    デバイス ブート      始点        終点     ブロック   Id  システム
    /dev/sdj1               1        3816     3907568   83  Linux
    
    コマンド (m でヘルプ): t
    選択した領域 1
    16進数コード (L コマンドでコードリスト表示): b
    領域のシステムタイプを 1 から b (W95 FAT32) に変更しました
    
    コマンド (m でヘルプ): p
    
    ディスク /dev/sdj: 4001 MB, 4001366016 バイト
    ヘッド 64, セクタ 32, シリンダ 3816
    Units = シリンダ数 of 2048 * 512 = 1048576 バイト
    セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
    I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
    ディスク識別子: 0x00000000
    
    デバイス ブート      始点        終点     ブロック   Id  システム
    /dev/sdj1               1        3816     3907568    b  W95 FAT32
    
    コマンド (m でヘルプ): w
    パーティションテーブルは変更されました!
    
    ioctl() を呼び出してパーティションテーブルを再読込みします。
    
    警告: DOS 6.x パーティションを作成、または変更してしまった場合は、
    fdisk マニュアルの追加情報ページを参照してください。
    ディスクを同期しています。
    linux# 
    
    
あとはWindows上でコンピューターの管理-記憶域ーディスクの管理でUSBメモリをFAT32でフォーマットすればOKです。
この方法で作成したUSBメモリのパーティションに書き込んだubuntuで無事にブートすることができました。 




ランキングに参加してみました。クリックしていただければ嬉しいです。

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ
にほんブログ村

パソコン ブログランキングへ

拍手[0回]

PR


Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  HOME   19  18  17  15  14  13  12  11  10  9  8 
プロフィール
HN:
zui
性別:
非公開
PR
忍者カウンター
忍者ブログ [PR]